AGAは治療する方法|薄毛に悩んでいるなら育毛剤ランキングサイトを参考に選ぼう

薄毛に悩んでいるなら育毛剤ランキングサイトを参考に選ぼう

このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAは治療する方法

悩む人

早めに治療しましょう

10代や20代などまだ若くても髪が薄くなってしまうことがあります。このようないわゆる若ハゲは早めに対策を立てることが大切です。そもそも10代や20代は加齢が原因で髪が薄くなる年代ではありません。60代以降になると老化現象として毛根の発毛力が少しづつ衰えてくるため誰しも髪が薄くなってしまいますが10代や20代の薄毛の原因は別にあります。その原因こそがAGAです。このAGAの発症は男性ホルモンが大きな要因を占めているほか遺伝的要因やストレスをはじめ日常の生活習慣なども影響していることが分かっています。AGAは進行性の薄毛であるためそのまま放置していると30代や40代になるころには頭頂部や額部分の毛がほとんどなくなってしまいます。

内服薬で治療します

10代や20代のAGAはAGA治療で進行をストップさせることができます。このAGA治療は皮膚科やAGA外来などで受けることが可能です。AGA治療はザガーロやプロペシアなどの内服薬で治療が行われます。医師による定期的な経過観察は欠かすことができませんが、治療などで長時間拘束されることはないので仕事や学校で忙しい方でも継続することができます。ザガーロやプロペシアを使用した治療は6ヶ月程度で効果が現れます。ザガーロやプロペシアにはAGAの原因物質を抑制する効果があるので、治療を継続することでAGA特有のヘアサイクルの乱れが改善され髪がしっかりと成長します。このAGA治療は世界中ですでに多くの治療実績を挙げています。10代や20代で薄毛で悩んでいる方は脱毛の原因を根本から抑え込むことができるAGA治療を受けてみましょう。